YouTubeが「子供向けコンテンツ」動画の機能制限を開始

YouTubeが子供向けコンテンツ動画の機能制限を開始 YouTube

こんにちは

YouTubeにはいろんな年齢層向けの動画があります。

そのなかでも以前から流れてた、「子供向けコンテンツ動画の機能制限」

2020年1月7日から開始されました。

まだ始まったばかりでなので


  • 子供向けコンテンツの対象は?
  • 広告が付かなくなるって聞くけどホント?
  • どんな影響があるの?


今回はこんな疑問を感じてる方へむけて

どんな動画が子供向けコンテンツで、「どんな機能制限」になるかを説明したいと思います。

YouTubeで子供向けコンテンツとはどんな動画?

YouTubeで子供向けコンテンツとはどんな動画?


9月にFTCとニューヨーク司法当局は、YouTubeで「子供の個人情報を違法に収集した」として

googleに1億7000万ドル(約180億円)の制裁金を科したと発表がありました。

それをうけて、1月7日にYouTubeよりこんな利用規約変更がでました。

本日より、コメントやパーソナライズド広告など、ユーザーのデータに依存する特定の機能は、子ども向けに制作されたコンテンツでは利用できなくなります。これは、児童オンライン プライバシー保護法(Children’s Online Privacy Protection Act、COPPA)に準拠するためです。

YouTubeヘルプ


「子供向けに制作された動画」は、YouTubeに申告する必要があるそうです。


子供向けとは反対に、学べる大人のビジネス系チャンネルを

ビジネス系YouTuberの大人チャンネルが熱くておすすめ として書いてるので合わせてふかぼりして下さい。

子供向けコンテンツで機能制限される動画は?

それでは子供向けコンテンツとはいったい何?? って思いますよね。


  • 子供もしくは子供のキャラクター
  • 子供向け番組やアニメキャラクター
  • 子供のおもちゃを使ったお芝居や物語
  • ごっこ遊びや創作遊び、子供が主役の一般的な遊び
  • 子供向けの歌や物語、詩


上がYouTubeの判断だと子供向けコンテンツになるそうです。

これにあてはまる動画には、パーソナライズド広告やコメントが使えなくなてます。

この中には子供だけでなく、「大人も楽しむ玩具にアニメ」もあります。

なかなか線引きがむずかしそう。

YouTubeの子供向けコンテンツは今後どうなる?

YouTubeの子供向けコンテンツは今後どうなる?

動画を子供向けコンテンツは設定しないとダメに


今後は子供向けの動画って事を、YouTubeで正しく設定をしないといけなくなりました。

この子供向けコンテンツの設定でコメントが使えなくなったり、パーソナライズド広告が付かなくなります。

もしこの設定を意図的にしてないと判断された場合は、 下記のように

クリエイターには、COPPA やその他の関連法を遵守し、コンテンツを正確に申告する法的責任があります。 コンテンツを正しく分類しなかった場合、YouTube 上でなんらかの措置が講じられる可能性があります。

YouTubeヘルプ

YouTubeよりペナルティを受ける可能性があるそうです。

何度も言いますけど、そうはいってもグレーの部分もイッパイありますが。

そして子供向けチャンネルの動画は収益激減の可能性


子供向け動画には、パーソナライズド広告が表示されなくなります。

その影響で一部のクリエイターは、収益が激減すると言われています。

これに該当する動画が多いクリエイターは大打撃ですね…。

レオンチャンネルさんなどが大変な事になると言われています。

もー!激減激減うるさい 状況がどう変わろうが好きで玩具紹介してるんだからもうほっていてくれ笑 20年ライダー見て8年動画出してるんだから 規約が変わった程度で特撮(&玩具)好きって気持ちは止められないわ

レオンチャンネルTwitter



過去にアップした子供向けコンテンツ動画も対象


今回の利用規約は、新しいアップする動画だけではありません。

過去にアップされた動画も対象になります。

YouTubeがメジャー媒体になるにしたがって、規制が色々掛かってきましたね。

ここ最近は子供向け動画以外も、収益が出来なくなったジャンルとかも出てきています。

今後は色んなことに気をつけながら動画アップしないといけませんね。

それではここまで読んでいただき、ありがとうございました。


コメント

タイトルとURLをコピーしました